© 交通事故防止策と発生後の弁護士の役割 All rights reserved.

201610/22

交通事故を予防するために-歩行者のマナー

 車と人が接触する交通事故では、車がほとんどのケースで責任を取ることになっています。ただ、交通事故を予防するためには、車の運転者の意識だけでなく、歩行者のマナーの改善も必要です。そこで、歩行者が気をつけるべき交通マナーについて見ていきます。
歩行者
 まず、子どもと一緒での歩行の場合になります。小さい子どもは急に道路に飛び出してしまうことがあるので、常に手を繋いで歩くようにしてください。狭い道の場合は車と接触してしまうおそれがあるため、子どもを車道側にするのはナンセンスです。車道と歩道が明確に分かれている場合は子どもを車道側にしてもかまいませんが、狭い道路では必ず子どもの安全を第一に考えてください。
子供
 また、横断歩道を渡る際も注意が必要です。横断歩道の信号が変わったからとすぐに歩き出してしまうのは避けてください。信号無視をする車が全くないわけではないので、万が一のリスクを考慮して、左右確認をしてから歩き出すべきです。この場合は車が100%悪いのですが、交通事故を防ぐために心がけてください。さらに最近はペットを飼う方が多くなっているので、愛犬との歩行の場合にも注意してください。リードが長すぎる方が結構いるので、道路を歩くときは最低限の長さに縮めることが求められます。リードを長くして良いのは公園や河原などに限定するべきです。リードが長くて道路に飛び出してしまったことが原因で事故が発生したケースがあるので、安易に考えてはいけません。

20171/3

バスが停留所で停車している!追い越す際の注意するポイント

 車を運転しているときに、交通事故を起こすようなことになってしまえば大変です。自分も相手もケガがなければいいですが、それでも気分は落ち込んで…

交通事故の統計情報にみる、交通事故発生件数の減少

 最近、交通事故が減っていますが、このことは、交通事故統計によって定量的に知ることができます。このように交通事故件数が減少している理由には、…

20141/19

交通事故で骨折した場合の治療について

 交通事故で骨折した場合は、打撲と違って重症という扱いになります。しかし、治療方法には保存療法もあるため、手術がいらないケースもあり、その場…

20167/9

交通事故での頭部打撲

 交通事故に遭いますと、身体にさまざまな影響をおよぼす可能性がありますが、交通事故に遭って頭を打った場合は症状が重い状態になることがあります…

201511/12

交通事故でむちうちのケガの痛みがひどい場合

 一家に一台以上の車を所有していることが珍しくない日本人にとっては、交通事故は決して対岸の火事ではありません。いくら自分が注意して運転をして…

ページ上部へ戻る