© 交通事故防止策と発生後の弁護士の役割 All rights reserved.

20171/3

バスが停留所で停車している!追い越す際の注意するポイント

 車を運転しているときに、交通事故を起こすようなことになってしまえば大変です。自分も相手もケガがなければいいですが、それでも気分は落ち込んでしまうことになります。
交通事故を起こさないためには、どんな状態の時に事故が起こりやすいのかを学んでおく必要があるのです。例えば、バスが停留所に停車している場合にはどうすればいいでしょうか。
バス
 基本的な走行方法としては、降りる人がいないのであれば、そこで停車をしているバスを追い抜いていかなくてはなりません。追い越すときに気をつけなくてはならないのが、バスの前方の資格の確認をすることです。もしかするとバス地で降りた乗客が、反対の道路に渡ろうといて、バスの前を横切るお客様が出てくるかもしれません。大きなバスの前を横切られてしまえば、バスの前方の四角で渡ろうとしている姿に気づかない可能性があります。そうなると急に車の前に人が飛び出してくる状態になり、とても危険です。
飛び出す
 停車中のバスを追い越すときには、もしかすると誰かが飛び出してくるかもしれないという危機感を持ちながら、すぐに止まれる速度で走行をするようにしなくてはなりません。
交通事故を予防するためには、いつでも危険を予測しながら走行をしていく必要があります。あらかじめ危険を予測していく事によって、事故を回避できるようになりますので、どんな場所に危険が潜んでいるかを考えながら車の運転をするようにしなくてはなりません。

交通事故の統計情報にみる、交通事故発生件数の減少

 最近、交通事故が減っていますが、このことは、交通事故統計によって定量的に知ることができます。このように交通事故件数が減少している理由には、…

201511/12

交通事故でむちうちのケガの痛みがひどい場合

 一家に一台以上の車を所有していることが珍しくない日本人にとっては、交通事故は決して対岸の火事ではありません。いくら自分が注意して運転をして…

20141/19

交通事故で骨折した場合の治療について

 交通事故で骨折した場合は、打撲と違って重症という扱いになります。しかし、治療方法には保存療法もあるため、手術がいらないケースもあり、その場…

20167/9

交通事故での頭部打撲

 交通事故に遭いますと、身体にさまざまな影響をおよぼす可能性がありますが、交通事故に遭って頭を打った場合は症状が重い状態になることがあります…

ページ上部へ戻る