© 交通事故防止策と発生後の弁護士の役割 All rights reserved.

20169/15

トラックの事故はなぜ多いの?

 トラックを運転している人は、大半が仕事のために運転している人です。最も多い事故の要因は、スピードの出しすぎでしょう。取引先との取引時間に間に合うようにと、法定速度以上に飛ばす人が多いのです。なら高速道路を利用すればよいのではないだろうかと考えると思います。しかし運賃の低下により、高速道路の料金さえも削減しようという考えが多く、一般道で飛ばすという結果になってしまうのです。
トラック
 また、同じ理由で信号無視をするドライバーも少なくはありません。よって、交差点で一般乗用車と衝突してしまったり、歩行者やバイクとの接触事故を引き起こしてしまうのです。トラックは大きく、重量もあるため、避けられても転倒してしまうこともあります。

 仕事でトラックを運転する上では、どうしても長距離移動、深夜の運転は避けられません。そして昼夜問わずトラックを走らせ続けることになり、時間の都合で休憩をとらず、ドライバーが不眠不休の状態で道路を走ることもあるようです。そのようなことが続けば当然、居眠り運転を引き起こす原因となってしまいます。

 このように、今挙げただけでも三つの要因があります。スピード違反、信号無視、居眠り運転。どれも共通しているのは、時間に追われて運転しているということです。

 もし交通事故になったら交通事故 弁護士へ早期相談を心がけましょう。

 ネットショッピングなどでよく見かける、注文すれば明日には届くというシステムの背景には、このような時間に追われた運転をしなければならない状況があるのです。

交通事故の統計情報にみる、交通事故発生件数の減少

 最近、交通事故が減っていますが、このことは、交通事故統計によって定量的に知ることができます。このように交通事故件数が減少している理由には、…

20167/9

交通事故での頭部打撲

 交通事故に遭いますと、身体にさまざまな影響をおよぼす可能性がありますが、交通事故に遭って頭を打った場合は症状が重い状態になることがあります…

20141/19

交通事故で骨折した場合の治療について

 交通事故で骨折した場合は、打撲と違って重症という扱いになります。しかし、治療方法には保存療法もあるため、手術がいらないケースもあり、その場…

201511/12

交通事故でむちうちのケガの痛みがひどい場合

 一家に一台以上の車を所有していることが珍しくない日本人にとっては、交通事故は決して対岸の火事ではありません。いくら自分が注意して運転をして…

20171/3

バスが停留所で停車している!追い越す際の注意するポイント

 車を運転しているときに、交通事故を起こすようなことになってしまえば大変です。自分も相手もケガがなければいいですが、それでも気分は落ち込んで…

ページ上部へ戻る