© 交通事故防止策と発生後の弁護士の役割 All rights reserved.

201612/30

チャイルドシートは助手席で使える?

 チャイルドシートを助手席で使うことができるかどうかというと、法律違反ではないので法的には問題がありません。そもそも、座席が2つしかないような車の場合には必然的に助手席にチャイルドシートを取り付ける意外に方法がありませんから、助手席に使う事自体は何ら問題はありません。
チャイルドシート
 しかし、法的に問題がないのと実際の使用において問題がないのかというとそれはまた別問題であり、助手席での使用は危険性が高いので推奨されるようなものではなく、メーカー側も避けるように指示をしています。チャイルドシートを助手席に取り付けるのが何故危険なのかというと、理由のひとつのエアバックがあり事故が起きた時にエアバックが作動をすると幼児がチャイルドシートとエアバックの間に挟み込まれてしまうことになるのです。
エアバッグ
 大人であれば事故の衝撃を弱めてくれる安全装置なのですが、チャイルドシートによってしっかりと保定されている幼児からすればエアバックと言うのは衝撃を守ってくれるものではなく、むしろ強い衝撃が加わってしまう危険な物となってしまうので助手席での使用は適さないということになるのです。ただし、絶対に使用をすることができないというわけではなく、使用をする場合には座席を一番後ろまで下げて必ず前向きに取り付けるなどやむを得ない場合の使用法等があるので、実際にそのような場面になってしまったときには車の説明のとおりに使うようにすることが大切です。

20167/9

交通事故での頭部打撲

 交通事故に遭いますと、身体にさまざまな影響をおよぼす可能性がありますが、交通事故に遭って頭を打った場合は症状が重い状態になることがあります…

201511/12

交通事故でむちうちのケガの痛みがひどい場合

 一家に一台以上の車を所有していることが珍しくない日本人にとっては、交通事故は決して対岸の火事ではありません。いくら自分が注意して運転をして…

20141/19

交通事故で骨折した場合の治療について

 交通事故で骨折した場合は、打撲と違って重症という扱いになります。しかし、治療方法には保存療法もあるため、手術がいらないケースもあり、その場…

20171/3

バスが停留所で停車している!追い越す際の注意するポイント

 車を運転しているときに、交通事故を起こすようなことになってしまえば大変です。自分も相手もケガがなければいいですが、それでも気分は落ち込んで…

交通事故の統計情報にみる、交通事故発生件数の減少

 最近、交通事故が減っていますが、このことは、交通事故統計によって定量的に知ることができます。このように交通事故件数が減少している理由には、…

ページ上部へ戻る